ヨーロッパを旅してみたら。

2018年6月〜、ボランティアをしながらヨーロッパを巡っています。

Workaway6軒目!北イタリアでも、ヤギのお世話とチーズ作りをしてみた。

Workaway6 Buon giorno!こんにちは。

フィレンツェなう、ぎっくり首なうです…。

ホストの家から移動した翌朝、寝たままズボンを脱ごうとしたら(←ほんとバカ)、首がグキってなってそのまま1日ベッドの上でした…ほんとバカ(2回目)。

頑張ってフィレンツェまで来たけど、まだめっちゃ首、だけじゃなく背中から腰まで痛いです。

そんなぎっくり首の元凶だったかもしれない(?)Workaway6ヶ所目のホストをご紹介します。


仕事内容と労働条件(行く前にわかったこと)

滞在先はイタリアの山の中!

滞在先はイタリアのエミリア・ロマーニャというボローニャが州都の州の西、

チンクエテッレ

www.yorotabi.com

のあるリグーリア州との州境あたりにありました。

ホストは30代のイタリア人♂と、20代のイギリス人♀のカップルで、アラサーの私はちょうど2人の間くらい、という年の差でした。

実はこのホストには昨年の10月にも申し込んでいました。

このホストからの返事を待っているときに、別のホストから来てくれないかという連絡をもらったため、

www.yorotabi.com

今回はそっちに行こうと思っているので、できれば来年の頭あたりにまたアプライしてもいいですか?と聞いたところ、

私たちもその方が都合が良い!とのことで、今回の1月中旬〜2月末までの滞在が決まりました。

(後から聞いたところによると、普段10月には受け入れをしていないので断ろうかと考えていたところ、私の「延期して下さい!」メールが来たとのこと。お互いにラッキーでした。)


私がホストに提供するもの

牛と山羊
牛と山羊と鶏を飼っている農家だったので、仕事内容として記載されていたのは

  • 乳しぼり(山羊は手で、牛は機械)
  • チーズ作り(毎日ではない)
  • 動物の餌やり
  • 干し草作り
  • 野菜畑での仕事

で、4〜5時間、週5日労働とのことでした。


ホストから提供してもらえるもの

引き換えに提供してもらえるのは

  • ホストと同じ建物内の個室(バスルーム付きの可能性あり)
  • インターネットあり
  • ホストはベジタリアンだけど肉食べたければ食べてもいい

ということが書かれていました。


実際に働いてみて

住環境と食事について

住んでいる場所は標高800mくらいの山の中。

家畜動物以外には、犬と猫を飼っていました。猫は6匹中1匹だけ、ときどき家の中に入ってきて、一緒に私の布団で寝ていました(笑)。

部屋は個室で、バスルーム付きかも?とのことでしたが、トイレとお風呂と洗面所のついたお部屋を使わせてもらいました。

食事は基本3食すべて奥さんの方が作ってくれ、イギリス人なのに毎日めちゃくちゃ美味しいイタリアンを食べさせてくれました。


www.yorotabi.com

こちらで個人情報を盛大に書いてしまったのでもう気にせず書きますが、私は飲食出身でイタリアンレストランでの勤務経験があります。

なので普通の人よりはイタリアンに詳しい…はずなのに、聞いたことのない食材や料理、スイーツ(昼と夜はいつもデザート付き…!)が日々じゃんじゃん出てきました。

滞在期間中、レストラン(ピッツェリアやバーなど毎回違うところ)にも3回連れて行ってもらい、実はベジタリアンじゃなかった奥さんと一緒にたくさんお肉を食べさせてもらったり。

その上キッチンも食材も自由に使ってよく、ホストがマーケットで不在のときなどは自炊もしたり。

作っているチーズも毎日食べさせてもらい、食に関しては本当に言うことなし!の最高の環境でした。


仕事内容について

山羊の授乳
仕事内容は、上記の事前情報のうち、

  • 乳しぼり
  • チーズ作り
  • 餌やり

をし、それに加えて、薪作り(運び)も主な仕事でした。

乳しぼりは初めて手で搾るホストで、2人がかりでたった20頭、とはいえ朝晩毎日となるともう手が腱鞘炎になるかと思いました(汗)。

牛は機械での乳しぼりで、かつ山羊と違って落ち着きがある(笑)ので楽ちんです。搾乳するのは3頭だけだったし。

そして毎日のお楽しみが赤ちゃんヤギへの授乳❤️

ちょうど1月の終わりから山羊の赤ちゃんが産まれ始め、手元に残す予定のない子山羊たちは基本、哺乳瓶(大きくなってきたらバケツ)で授乳して育てます。

毎朝晩「美味しくなれよ〜」と言いつつ(残酷w)、ミルクをあげているともう懐いちゃって懐いちゃって(照)。

昼間は家の周りで放し飼いしていたのですが、

どこに行っても何をしてもみんなぞろぞろついてきて、カメラを向けると興味津々、しゃがむと背中によじ登ってきてめちゃくちゃ可愛かったです。

産まれたばかりのときはこんなモフモフぬいぐるみみたいだったのが
産まれたての子山羊

1ヶ月後にはこんなに山羊らしく(?)なりました。 産まれて1ヶ月の山羊

チーズ作りは週に2回、牛を飼っているホストが初めてだったので、私にとっては初めての牛のチーズ作りでした。 チーズ熟成庫

残りの日は鶏や山羊の小屋を掃除して藁を敷きなおしたり、ホストの旦那さんが切ってくれた木をトレーラーに運んだり、といったことをしていました。


休日と労働時間について

1日の流れは

7:00〜 乳しぼりと餌やり

終わり次第 朝ごはん

9:00〜12:00ごろ チーズ作りや薪作り、動物小屋の掃除など

お昼ごはん、フリータイム

17:30or18:00〜 乳しぼりと餌やり

夜ごはん、フリータイム

という感じで、労働時間は5時間前後、子山羊が産まれるにつれ、乳しぼり、餌やりともにかかる時間が増えていきました。

休日は週に1回でしたが、チンクエテッレに行くときは2連休させてもらいました。

私は働くことが目的で滞在していたので、特に不満もなく週6日働いていましたが、(どこか行きたいとか)もっと休みが欲しければ言ってね!という感じでした。


おわりに

ホストの募集ページには「家族のような関係を築きたいので、私たちの生活に興味がある人を求めます」と書いてあったのですが、

本当に良いホストで、ご飯の時間は毎日笑いっぱなし、イタリアのこと、イギリスのこと、日本のこととたくさんの文化をお互いに学び合うことができました。

動物たちもみんな人懐っこくて…楽しすぎる1ヶ月半でした。

次で最後のワークアウェイになりますが、またこのようなホストだといいなぁと切に願います。。。

Workawayについて知りたい方はこちらの記事もぜひ。

www.yorotabi.com