ヨーロッパを旅してみたら。

2018年6月〜、ボランティアをしながらヨーロッパを巡っています。

Workaway2軒目!灼熱の南フランスで、ひたすらチーズを作ってみた。

Workaway2
Bonjour!こんにちは。

私は今、Workawayを利用してイタリアに滞在しています。

まだあと20日ほど滞在予定なので、ここについての記事は滞在終わりごろに書こうかと思います。

ブログを始めた後に滞在したワークアウェイ先についてはこのように

www.yorotabi.com

www.yorotabi.com

www.yorotabi.com

体験談を書いてきましたが、

ブログ開始前に滞在していた場所についてはまだ書いていなかったので、それらについても書いていきたいと思います。

遡っていくかたちで、まずは2軒目、7月末〜8月末まで滞在した南フランスでのお話です。


仕事内容と労働条件

滞在先について

牧草地
私が南フランスに滞在したのは7月末〜8月末までの1ヶ月ちょっと。

めっちゃ田舎の、ヤギを100頭くらい(内、母ヤギは60頭くらい)飼っている個人経営の牧場に滞在しました。

南フランスといっても具体的にどのへんかというと、トゥールーズの北西、ボルドーの南東あたりのフランス南西部です。

8月は昼間は40°Cくらいまであがり、かなり暑かったです。

日本のムシムシした暑さとは異なり、とにかく太陽が熱い、焦げる!というような暑さでした。

ちなみに、このあたりには私が滞在したホスト先以外にも、Workawayerを募集している牧場がけっこうありました。


私がホストに提供するもの

仔山羊 サイトに書かれていた仕事内容は

  • ヤギの乳搾り
  • チーズ&ヨーグルト作り
  • 動物たちへの餌やり
  • ヤギ小屋のそうじ

などと書かれていました。

労働時間は1日4〜5時間の週5日。

と書きつつもhard-workerでhands-onでinterested in what we doな人を求む!とも書かれており、ブラック臭が若干しましたが(笑)、

それこそ私的にはめちゃめちゃinterested in what they doだったので行くことに決めました。


ホストから提供してもらえるもの

同時に3人まで滞在可能で、

  • 家の中の1部屋
  • 風呂トイレキッチンは共用
  • 食事は全て提供
  • wifiは町まで行かないとないらしい…

というスペック。

インターネットがないらしいことが書かれていましたが、当時はブログもやっていなかったし、フリータイムは基本ダウンロード済みの電子書籍を読んでいたのでまあいいかーと。


実際に働いてみて

さて、実際に働いてみてどうだったかというと…


ホストファミリーについて

ホストの家族構成については…ちょっと複雑すぎて割愛します(笑)。

気が向いたら追記するかもしれません。

とりあえずは1人、雇われている地元の女の子がいて、仕事は基本その子と一緒にする(もしくはワークアウェイヤーだけでする)感じでした。

ある日の朝ごはん
食事はチーズとヨーグルトは食べ放題、キッチンも食材も家にあるものは勝手に使ってよくて、たまーにホストファミリーと食べるときもありました。

ただ、田舎すぎて食材はホストが買ってきてくれない限り入手できないため、肉も野菜も有り余るほどあるときもあれば、炭水化物が何もなくてカッチコチのフランスパンを頑張ってかじる日も…。

あと、インターネットはありました。

以前(2018年の初め頃まで)はなかったようですが、複雑な家庭環境の変化などもあって(笑)、wifiが使えるようになったみたいで、サイトの方が更新されていないだけでした。


このホストのように、一部だけ情報が古いならまだいいですが…
ワークアウェイのホストになるのは無料なため、中には現在は募集もしていないのに何年もページを放置しているホストなどもいます。

ホストを探すときは必ず最終更新日もチェックするようにしましょう。

仕事内容について

仕事内容は、ほぼサイトに書かれていたこと通りで、朝と夕方に山羊と羊に餌やり、昼間はチーズ(ときどきヨーグルト)作りをして、夕方乳しぼり、という感じでした。

山羊
餌やりは基本ワークアウェイヤーだけでやる仕事で、3人滞在中は(男の子がいたこともあり)めっちゃ楽でしたが、100頭近くいる山羊たちに1人で餌やりをしていた時期はかなりきつかったです。

チーズ作りは、平日は雇われている女の子の指示、土日はオーナーの指示に従って作業します。

カベクーとクロタン
ここの牧場では、たまに大きめや細長い円柱形のチーズも作っていましたが、主にはコイン型のチーズ【カベクー】と、プリン型?(円錐台というらしい)のチーズ【クロタン】を作っていました。

60頭の母山羊からとれるミルクを全てチーズとヨーグルトに加工しているので、かなりの量です。

型に詰めたり、裏返したり、スパイスを付けたりと、毎日ひたすらチーズを作り続けました。

マーケット
仕事内容には書かれていませんでしたが、何回かチーズを売るマーケットにも連れて行ってもらいました。(フランス語が喋れないのでほとんど役立たずでしたが…。)


休日と労働時間について

サイトには「1日4〜5時間、週5日、ハードワーカー求む!」と書いてあったわけですが…。

実際にはどうだったかというと、

\休みはありませんでした!!/

35日間くらい、毎日働きました。

しかも朝9時から長い時は夕方5時過ぎまで。

いやまあ私はチーズ作りがしたくて行ったし、田舎過ぎて休みがあってもやることなかったんで別にいいんですけどね…。

南米から来た30代のお兄さんは来て3日ぐらいで怒って出て行きました(笑)。

その後に来たフランス人の女の子がめっちゃいい子すぎて…働き者すぎて…可愛すぎて……

私もがんばろう、ってなりました(笑)。


おわりに

今回のホスト先は、私やフランス人の女の子のように「働くこと」が目的で来ているならよくても、「バカンス」や「観光」目的には全くもって相応しくないホストでした。

Workawayの場合は、WWOOFと違って農業関連のホストだけでなく、ホステルや一般家庭でも募集しています。

私もこちら

www.yorotabi.com

のように観光しやすい場所にあるホストの元に滞在したこともあります。

目的に合わせてホストは選べるので、気になる方はぜひ一度Workawayのサイトも見てみてください。