ヨーロッパを旅してみたら。

2018年6月〜2019年4月、ボランティアをしながらヨーロッパを旅しました。

リスボンから日帰りで!シントラとロカ岬に行ってきた。

リスボン→シントラ
Olá!こんにちは。

リスボン滞在初日の昨日は朝5時前にリスボンに着き、宿のチェックインは15時。

というわけで丸1日かけて観光できるシントラ&ロカ岬に行ってきました。

いろいろなパス(割引乗車券など)がある中で、どのパスを使うのがお得かということと、私が実際に回ったルートをまとめてみました。


リスボンからシントラへ日帰り観光。どのチケットを使う?

シントラへ日帰りするときに使えるパスがいくつかあります。

どれを使うのが一番良いのか悩みましたが、私はBilhete Train & Busというものを購入しました。

ちなみに私が最低限行きたかったのは

  • ペーナ宮殿
  • レガレイラ宮殿
  • ロカ岬

です。


Bilhete Train & Bus(シントラ周遊パス)

シントラ周遊パス
私が購入したチケットがこちら。

料金は15.5ユーロで、駅の窓口で購入できます。

さらにViva Viagem(ヴィヴァヴィアジェン)というSuicaのようなカード代でプラス0.5ユーロかかります。

空のヴィヴァヴィアジェンカードを持っている場合はこの0.5ユーロはかからず、自動券売機でも購入できるようです。

このカードに含まれる内容は

  • リスボン市内〜シントラ(orカスカイス)の往復の電車
  • シントラ周辺を走るScotturbというバスに1日乗り放題

です。

バス1日乗り放題はシントラ〜ロカ岬〜カスカイスをむすぶ403番バスも含まれるので、日帰りでリスボンから訪れる場合はこれを買えば他に交通費はかかりません。

詳しくはこちら(英語)

Benefits of the Scotturb partnership | CP - Comboios de Portugal


Lisboa card(リスボアカード)

リスボアカード
シントラに限らず、リスボン周辺の観光地に無料もしくは割引で入れるカードです。

公共交通機関も無料になります。

料金は24時間券が19ユーロで、ツーリストインフォメーションなどで購入できます。

リスボアカードの概要についての記事はこちら。

www.yorotabi.com

シントラ日帰りに使える内容は

  • リスボン〜シントラ(orカスカイス)の往復の電車
  • ペーナ宮殿→10%off(1.4€引き)
  • レガレイラ宮殿→20%off(1.2€引き)
  • シントラ宮殿→10%off(1€引き)
  • ケルス宮殿→15%off(1.2€?引き)
  • ニュースミュージアム→30%off
  • モンセラーテ宮殿→15%off
  • ツーリストインフォ内施設(Sintra Mitos e Lendas)→無料

です。

公共交通機関が無料、と書きましたが、Scotturb社のバス(シントラの現地バス)は含まれていません。

ですのでロカ岬に行く場合やシントラの各宮殿間でバスに乗る場合はそのつど料金を支払う必要があります。

さらに詳しい情報や最新の情報はこちらを読んでください。(英語)

Lisboa Card - The Official Lisbon Card 2019

私はシントラではシントラ周遊パスを利用しましたが、翌日はベレン方面などでこのリスボアカードを利用しました。

www.yorotabi.com


Bilhete Turístico diário(デイリーツーリストチケット)

現地のscotturbバスの1日乗り放題券です。

料金は15ユーロで、現地のバスに乗るときに購入できます。

含まれる内容は

  • シントラ周辺を走るScotturbというバスに1日乗り放題

のみです。

リスボアカードを持っている場合や特に割引チケットなどを購入せずに現地に到着した観光客はこちらを購入していました。

が、最初にあげたシントラ周遊パスを買えばプラス1ユーロでリスボンからの往復も付くことを考えるとあまりメリットは感じられません。

詳しくはこちら(英語)

TOURS | Scotturb : Transportes Públicos - Sintra - Cascais - Oeiras


Sintra Green Card(シントラグリーンカード)

あまり日本人には知られていない?(ネットで日本語の情報が見つからない)カードですが、行きたい場所によっては結構アリなんじゃないかと思います。

(1)と(2)があり、(1)の内容が

  • リスボン〜シントラの往復の電車
  • Scotturbバスの434番のみ乗り放題
  • ペーナ宮殿無料
  • シントラ宮殿無料
  • 美術館1ヶ所無料

で、(2)だとこれにケルス宮殿の入場無料がつきます。

料金は(1)が31ユーロ、(2)が39.5ユーロで、駅の窓口で購入できます。

カスカイスやロカ岬へはこのチケットでは行けないので、シントラのみの観光、ペーナ宮殿とシントラ宮殿に行きたい場合におすすめです。

詳しくはこちら(英語)

Benefits of the Sintra Green Card | CP - Comboios de Portugal


結局どれがお得なのか

結局のところ、どこに行くかによります。

シントラには見どころがたくさんあり、また1つ1つのスポットが広いので、1日でロカ岬も含めると全部回るのはかなり困難です。

行きたい場所をまずは厳選してみて、シントラだけを丸1日回る場合はグリーンカード、ロカ岬にも行く場合はシントラ周遊パスがお得かな?と思います。

あまり時間がなくペーナ宮殿しか行けない!などの場合はパスを使わずにバラでチケットを買った方が安い場合もあります。

ちなみにリスボン〜シントラは片道2.25ユーロで、ヴィヴァヴィアジェンカード代も含めると往復5ユーロ、

ペーナ宮殿に行く434番バスのチケットが3.9ユーロです。(434番のみ乗り放題)

ちなみに自力で回るのが不安な場合や、お金は多少かかってもいいから楽したい!という場合は、リスボンから現地発着ツアーもあるようです。

ポルトガルシントラ・ロカ岬・ペーナ宮殿の現地オプショナルツアー - タビナカ


私が1日で回った観光ルート

再びになりますが、私が絶対に行きたかったのが

  • ペーナ宮殿
  • レガレイラ宮殿
  • ロカ岬

の3ヶ所。

残りは外から眺めるくらいでいいかなぁ〜という感じでした。

そして実際に訪れたのがこのようなルートです。

シントラ駅
↓ バス
ペーナ宮殿(入場して2時間ほど散策)
↓ 徒歩
ムーアの城跡(外から眺めただけ)
↓ バス
シントラ宮殿(外から眺めただけ)
↓ 徒歩
レガレイラ宮殿(入場して1時間ほど散策)
↓ シントラ宮殿前まで徒歩で戻り、バスでシントラ駅へ
↓ シントラ駅でバスを乗り換え
ロカ岬(1時間ほど滞在)
↓ バス
シントラ駅

カスカイスには行かずにロカ岬からはシントラに戻り、リスボンに帰ってきました。

リスボンを出てから戻ってくるまでで所要時間10時間ちょっとの長旅でした。


リスボンロシオ駅〜シントラ駅

ロシオ駅構内にある宿を予約していたので、朝6時ごろにもかかわらず荷物を置かせてもらいえないかと伺ったところ、スタッフの方はかなり眠そうでしたが快諾してくれました。

それどころか公共スペースで休んでてもいいしシャワーも浴びていいよと…!

8時から朝ごはんもフリーだから食べていってねと。

お言葉に甘えて8時過ぎまで居座り、朝ごはんもいただき出発。

リスボン駅
チケットは窓口で購入し(自動券売機はヴィヴァヴィアジェンカードを持っていないと買えないみたい)、改札でSuicaのようにタッチすれば通れます。

リスボン駅電光掲示板
ロシオ駅発の電車は2種類しかないようで、「Sintra行き」に乗ればもちろんシントラにたどり着きます。終点です。

40分ほど電車に揺られてシントラ駅に着きます。

駅の改札を出たら右後ろ方向に進むとバス停があります。

手前のバス停は403番(ロカ岬経由カスカイス行き)などのバス停なので素通りし、

シントラバス
さらに先にあるバス停から434番(ペーナ宮殿循環)に乗ります。

オフシーズンなので始発バスは9:30…と時刻表にはありましたが、なかなか発車せず45分ごろに発車しました。


ペーナ宮殿

ペーナ宮殿
ムーアの城跡で8割くらいの人が降りて行きましたが、もう一駅乗ってペーナ宮殿前で降ります。

ペーナ宮殿エントランス
このときちょうど10時ごろでゲートがオープン。

チケットを持っている人たちや自動券売機で購入した人は一瞬で入っていきました。

私はマップも欲しかったのでチケットオフィスの列に15分ほど並びました。

公園と宮殿のチケットが14ユーロ、公園のみだと7ユーロです。

f:id:okustam:20181207084637j:plain
丸で囲んだのがエントランス、矢印が私の辿ったルート

敷地に入ってから宮殿付近&宮殿内で1時間ほど、そのあと公園を1時間ほど散策し、湖近くのエントランスから出ました。


ムーアの城跡

ムーアの城跡の入口とペーナ宮殿の入口は徒歩で簡単に行ける距離にあります。

むしろ私の出たペーナ宮殿の湖のエントランスからだと、メインエントランスまで戻るよりもムーアの城跡のエントランスの方が近いです。

ペーナ宮殿からたくさん眺めたので(笑)ここへは入場する気はなく、バスへ乗るために向かいました。

ちなみにムーアの城跡は入場料8ユーロです。


シントラ宮殿

シントラ宮殿
再び434番バスに乗り、今度はシントラ宮殿前で降ります。

宮殿前といっても目の前に宮殿があるわけではなく、少し歩きます。

この辺りはレストランやバーもたくさんあるのでランチはこの辺でとると良いと思います。

シントラ宮殿も中には入らず、外観のみ見学です。


レガレイラ宮殿

レガレイラ宮殿
シントラ宮殿を通り過ぎて大通りをしばらく歩くとレガレイラ宮殿が見えてきます。

あーやっと着いた!と思ったらそこは出口。

レガレイラ宮殿エントランス
ここからさらにぐるっと坂を上っていったところに入口があります。

レガレイラ宮殿内
ここはリアルドラクエの城とも呼ばれている場所で、地図の上半分は洞窟探検のような感じでめっちゃ楽しいです。

たぶん友達とかと来たらもっと楽しいはずw

何ヶ所かある塔の上にも上れます。

ここで約1時間ほど探検を楽しんだのち、またシントラ宮殿前バスのりばに戻りました。

f:id:okustam:20181207084632j:plain
私の辿ったルートはたぶんこんな感じ。


ロカ岬

ロカ岬
シントラ宮殿前から乗れるバスは434番か435番で、ロカ岬には行きません。

一旦このバスでシントラ駅へもどり、朝素通りしたバス停から403番のバスに乗ります。

約40分、うとうとしながらバスに揺られ、16時ごろロカ岬に着きました。

次々とやってきては記念写真を撮って去ってゆく韓国人ツアーや日本人ツアー客を眺めつつ、日が暮れてくるのを待ちます。

帰りのバスは各方面1時間に2本ずつ出ています。

カスカイス経由で帰る方法もあったのですが、それだとリスボンの到着駅がカイス ド ソドレ駅という海沿いの駅で、ロシオ駅まで歩いて20分ぐらいかかるとのことだったのでやめました。

そして日の入りが今の時期だいたい17:15くらいで、シントラ行きのバスの時間が4分と34分…。

ロカ岬夕焼け
34分だともうだいぶ暗くなりそうだなと思い、名残惜しみつつ4分のバスに乗って帰りました。

ただ帰りバスからの夕焼けも綺麗だったのでこれはこれでよかったかなと。

リスボンには19時ごろに帰ってくることができました。

ちなみに帰りの電車はリスボン行きでもオリエンテ行きとロシオ行きがあるので、自分の行きたい方を間違えないようにしてください。


おわりに

シントラはほんとうに冬でも観光客が多く、あまり詰め込みすぎると回りきれないかもしれません。

また、たくさん歩くので昼間は暑いのですが、朝晩はリスボンよりかなり寒いです。

なので冬に訪れる場合は防寒対策、脱ぎ着のしやすい服を重ね着などしてきた方が良いとおもいます。

私はがっつり冬の格好をしていきましたが、それでも朝は少し寒かったです。

私は今回あまりお金もないので2ヶ所だけ入場しましたが、余裕があればシントラに1泊してゆっくり回るのもいいなぁと思いました。

リスボンからは少し遠いですが、コインブラ にも日帰りで行くことができます。

気になる方はこちらもどうぞ。

www.yorotabi.com