ヨーロッパを旅してみたら。

2018年6月〜、ボランティアをしながらヨーロッパを巡っています。

マドリードから日帰り!トレドかセゴビアか、散々迷って行ったのは…?

マドリード→セゴビア
Hola!こんにちは。

今週のお題「紅葉」だそうですが、スペインもちょうど紅葉が見頃のようです🍁

マドリッドの3日間の滞在のうち、3日目の今日は日帰りでセゴビアに行ってきました。

トレドに行くか、セゴビアに行くか、どちらかに行こうと思っていたのですが、なかなか調べる時間もなく、最終的に決めたのは前日(笑)。


それではセゴビアの見どころや行き方をご紹介します。


セゴビアってどんなところ?

セゴビアの街並み

世界遺産の町セゴビア

マドリッドから北西に100km弱と、日帰りしやすい町です。

旧市街と水道橋が世界遺産に登録されている歴史ある町です。

古代ローマ時代に作られた水道橋や、白雪姫のモデルになったお城が有名です。


迷ったトレドとの比較

結局何が見たいかを考えてセゴビアにしたのですが、

「もしスペインに1日しか滞在しないなら、迷わずトレドへ行け」と言われてしまったら、やっぱりトレドに行くべきかなぁ〜と最初は思っていました。

マドリッドから日帰りで行く条件的にはかなり似ている町ですので、比較してみました。

      セゴビア トレド
立地 マドリッドから北西に約90km マドリッドから南に約70km
アクセス 電車で約30分
バスで約1時間半
電車で約30分
バスで約1時間〜1時間半
料金 電車で片道約13€〜
バスで片道約5€
電車で片道約13€〜
バスで片道約5.5€
世界遺産 セゴビア旧市街と水道橋 古都トレド
見どころ ・旧市街
・水道橋
・アルカサル(古城)
・旧市街
・教会、修道院
・美術館

トレドを調べてみて「また美術館かぁ〜」と思ってしまったのと(笑)、水道橋と白雪姫のお城見たい!と思ってセゴビアに決めました。


セゴビアへのアクセス方法

電車で行くには

マドリッド チャマルティン(Madirid Chamartin)駅発で、セゴビア アヴェ(Segovia AV)駅に到着します。

セゴビアの駅から市街までは遠いので駅からはバスに乗る必要があります。

チケットは

Renfe (英語)か レイルヨーロッパ (日本語)

で検索、購入できます。

日本語サイトの方は一部の便しか出てこないので検索するなら公式サイトの方がおすすめです。

料金は12.9ユーロ〜、鈍行だともっと安いものもありますが、2時間くらいかかります。


バスで行くには

スペインのバス
メトロのモンクロア(Moncloa)駅直結のモンクロアバスターミナルから発車します。

時刻表がないかといろいろ調べたのですが、だいたいどのサイトも紹介しているのが La Sepulvedanaのサイト。

ですが時刻表が見つからないどころか、マドリッドやセゴビアというバス停の選択肢がなく…。

やっと見つけた、時刻表が見れる(チケットも買える)サイトがこちら。

Bienvenido a Avanzabus.com - Avanza Autobuses (スペイン語)

Madrid MoncloaからSEGOVIA ESTACIO行きのバスを検索します。

検索結果のページは英語表示にすることもできます。

まぁ現地でもチケットは買えそうだったので、私は時間だけ確認して当日現地でチケットは購入しました。


【バスで】当日チケットの購入〜現地到着まで

ホステルの最寄りの駅からだと遠回りだったので、モンクロア駅まで1本で行けるソル駅からメトロに乗りました。

3号線に乗って5駅、モンクロア駅が終点です。

バスマークの表示に従って1つ上の階に行くときれいなバスターミナルが広がっています(写真撮り忘れた)。

が、チケット売り場がない…!

まさかのこんなに大きな看板を見落としておりました(笑)。 モンクロア駅

チケット売り場はバスターミナルの階ではなく、メトロの改札階にあります。

バスの券売機
券売機でも

モンクロア駅チケット売り場
窓口でも買えます。

やっぱり運行会社が変わったのでしょうか?セプルベダーナ社という文字はどこにもありません。

現在はアバンザという会社が運行しているようです。


ちなみにALSAの券売機はバスターミナルの階のすみっこにひっそりありました。 バスの券売機


セゴビア行きのバス乗り場は9番か10番です。

電光掲示板に次のバスの待ち時間が表示されているので、そこを見ればどちらの乗り場で待てばいいかわかります。

1時間20分の予定でしたが早めの到着で、1時間ちょっとの乗車時間でした。

帰りのチケットもセゴビアのバスターミナルで簡単に買えます。 セゴビアバスターミナル


セゴビアのおすすめ観光スポット① 水道橋

セゴビアの水道橋
バスを降りて旧市街方面にまっすぐ進むと、目の前に水道橋が見えてきます。

写真左手、水道橋のすぐ手前に観光案内所があったので地図をもらいに行きました。

この水道橋は丘の上にある市街まで水を通すため、古代ローマ時代に作られたそうです。

イスラムの時代に一度壊されたそうですが、その後修復され19世紀まで使われていたんだとか!

2000年以上も前にこんなものが作られていたなんて、すごい!としか言いようがありません。


セゴビアのおすすめ観光スポット② カテドラル(大聖堂)

セゴビアカテドラル
水道橋を見たあとは水道橋のわきを上って旧市街に入ります。

「マヨール広場」という案内にしたがって進むと、広場の一角に大きなカテドラルが見えてきます。

入場料は3ユーロ、塔に登る場合は7ユーロでした。

このカテドラルは200年以上もかけて18世紀に完成したんだそう。

時代が違うとはいえ、サグラダファミリアより時間かかってます(笑)。


セゴビアのおすすめ観光スポット③ アルカサル(古城)

セゴビアアルカサル
カテドラルよりさらに奥、水道橋からみて旧市街の反対側にアルカサルはあります。

12世紀から16世紀まで国王の住むお城として使われ、その後は牢獄として使われていました。

料金は5.5ユーロで、+3ユーロでオーディオガイドが付けられます。

このお城は白雪姫のお城のモデルになったそうで、入口の反対側から見たほうがそれっぽく見えるようです。

時間がある方はぜひ旧市街から下りて西側から眺めてみてください。


おわりに

3日間あるならトレドとセゴビア両方行けばよかったじゃん!と思うかもしれませんが、予備知識ゼロで行っても何を見ればいいかわからずお金の無駄になりそうだったので…。

日本でじっくり計画を練って来る場合は両方行くのもアリだと思います。

時間がないので1日で両方行きたい!という場合はコスパ的にも時間的にもツアー一択かと。

魅惑の古都を巡る!トレド&セゴビア 1日観光ツアー<マドリード発> | スペイン(マドリード)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

また1ヶ所だけの日帰りなら、夜はマドリッドに戻って無料で美術館に行くのもおすすめです。

www.yorotabi.com

マドリードのあとにはコルドバに向かいました。コルドバも行こうと思えばマドリードから日帰り可能です。

www.yorotabi.com