ヨーロッパを旅してみたら。

2018年6月〜2019年4月、ボランティアをしながらヨーロッパを旅しました。

私が持ち歩いている旅のバッグについて。たとえ壊れても、500円のポシェットを愛用しています。

旅のもちものバッグ編
Hola!こんにちは。

今日は昨日の予告どおり、英語圏のアノ国に行ってきましたよ〜。

スペインから日帰りで行ける、某英語圏の国に関する記事はこちら。

www.yorotabi.com

それはさておき(笑)、今日は旅を共にしているバッグに関するお話です。

荷物多すぎ、バッグ多すぎ人間です(汗)。


私と旅をしている鞄たちについて

大きいものから順に紹介していきます。

①まずはメインのスーツケース

f:id:okustam:20181202185400j:plain
はい、私はバックパッカーではありません。

このソフトキャリーをガラガラ引きずって旅をしています。

ちなみに荷物を入れた重さは大体20〜25kg。そのときによって変わりますが、まぁ基本20kgを切ることはありません。←

私はもともとはどちらかというと旅の荷物は少ない方で、3日だろうが1週間だろうが、国内だろうが海外だろうが機内持ち込み可能なサイズの小さいスーツケースを愛用していました。

↓こんな感じの。

なので大きなスーツケースは持っておらず、今使っているこのソフトキャリーは出国1ヶ月くらい前にメルカリ で購入した中古品です。

中古品といっても1回しか使っていないとのことで、無事にこの1年間壊れることなく使えています。

容量は約70Lですが、ファスナーでひろがるようになっており、広げるともうちょっと入ります。

デザインはちょっと違いますが、おそらく↓これです。

たぶん世界一周とかをされている方って、なるべく真冬は避けて旅されてると思うんですよ。

私は元はといえばデンマークのワーホリ、さらに元をたどると昨冬はデンマークで学生をしていたわけです。

12月にはフィンランドにオーロラも見に行きました。

つまり……-20℃にも耐え得る装備を持って旅しているというわけです(泣)。

かといって年中ヒートテックの防風ズボンを履いている訳にもいかないので、もちろん夏服も持っています。

なので服と靴だけでスーツケースはほとんどいっぱい。


②ドイツで買った無駄にでかいバッグ

f:id:okustam:20181202185352j:plain
そこで購入したのがこのバッグ。

もともとはもうふた回りくらい小さいボストンバッグを持っていたんですが、デンマークの学校にいるときに取っ手が破けてしまい…。

デンマークでバッグなんか買おうもんならめちゃくちゃ高いので、ドイツに行ったついでにフリーマーケットで30ユーロで買ったのがこのバッグ。

ちなみに商品はたぶんこれ↓。

EASTPAKというブランドを知らなかったのですが、けっこう有名なんですね。

買ったときはそこまで大きくないと思ったんだけど、大きかった。

大は小を兼ねると言いますが、兼ねません。もっと小さいバッグが欲しいです(泣)。

そして私が求めていないレベルで丈夫です。

私の需要には合っていませんが、大容量で丈夫な鞄を求めているならおすすめ。

ちなみにスーツケースの上に乗せるとこんな感じ。

f:id:okustam:20181202185508j:plain
これでも肩掛けベルトを利用して無理矢理縮めてます。けど落ちます。

基本的にはスーツケースに季節外れの服や靴、そのとき使っていないガイドブックや本、食料などを入れ、毎日出し入れをするような服や日用品、コンセントなどをこのバッグに入れています。

が、冬服に衣替えしてコートやブーツを外に出した今、90%くらいの荷物はスーツケースだけに収まっています。

けど微妙に入りきらない。のでバカでかいバッグにほんの少しだけ荷物を入れているという残念な状況です。


③リュックはスられにくさを重視!

f:id:okustam:20181202185347j:plain
リュックは日本にいた頃から愛用していたものです。

ちょっと前に流行った?anelloのがま口リュック。

日本のメーカーですが、旅をしていてけっこう東南アジア系の女の子が使っているのを見かけます。

↓このLサイズのポリキャンバス生地のやつです。

私のは期間限定のオールブラックのやつなのでちょっとデザインが違いますが…。

このリュックの良いところはなんといってもがま口取っ手がついているところ。

リュックは背負ったら自分では目視できないので一番スリに狙われやすい荷物です。

なぜがま口がいいのかというと、チャックを端から端まで開けないと開かないから。

しかもチャック全部開けようとすると取っ手が邪魔

つまり私がリュックを背負っている状態でスるためには取っ手のボタンを外して(その時点で音がする)、チャックを全開にして、リュックに手を突っ込む必要があるわけです。

そんな私を狙うよりリュック半開きとかで背負ってるおばちゃんとかたくさんいますからね(笑)。

ただ本格的なバックパックと比較するとリュック自体がけっこう重く、肩ひももそこまで丈夫ではなさそうなので、あまり重いものを入れるのには向いていません。

まぁ2泊くらいまでの小旅行はこのリュック(+ショルダーバック)だけで済ませてしまっていますが。


④A5サイズが入るショルダーバッグ

f:id:okustam:20181202185341j:plain
どんだけバッグ持ってるんだよという感じでしょうが、斜めがけのショルダーバックも使っています。

iPad miniを持ち歩いているのでA5が入るサイズ。

このバッグは今回の旅に出る前に使い勝手の良いものを、と探して買ったもの。

軽いし思っていたより丈夫で中にもポケットがたくさんついていたりとかなり使い勝手が良いです。

チャックは引っ張る部分を中に入れ込めば見えなくなるという、こちらもスリ対策に有効です。

横ポッケには水筒や折り畳み傘をよく突っ込んでいます。

このショルダーバッグはマイナスな点が見つからないくらい本当におすすめです。

ちょっと高かったけど買ってよかったです。

⑤スマホポーチ?500円で買ったポシェット

f:id:okustam:20181202185524j:plain
やっと本題の500円ポシェットです(笑)。

元値はわかりませんが雑貨屋さんでセールで500円になっていて、ちょうど500円の商品券を持っていたのでそれで買ったものです。

機能的には↓このポーチと同じような感じ。

中が3つに分かれていて、私はここにパスケース、小銭入れ、スマホを入れています。

f:id:okustam:20181202185516j:plain
背面が透明なビニールになっていて、簡単な操作ならスマホを取り出さずにできるので便利です。

ただ500円ということもあり、金具が壊れてしまいました。

最初に金具が取れたのは6月で、その後も直して使っていたのですが、じきに金具が折れ、フック→金具→本体だったのを直接フックを本体に取り付け…。

先月ついに片方のフックも折れました(泣)。

そこでこのポシェットの代わりになるものを探していたのです。


コルドバで革のポシェットを買ってみた

f:id:okustam:20181203063432j:plain
モロッコにでも行ったら安い革のポシェットが買えるかな〜と思っていたのですが、コルドバも革製品が有名だということを知りました。

ちなみにコルドバにいたときの記事がこちら。

www.yorotabi.com

メスキータの近くにあるMade in Spainと表示のあるお店で物色。

ポシェットサイズだと10ユーロくらいの安いものもあったのですが、それこそすぐに肩ひもが取れてしまいそうだったので(笑)

50ユーロ弱の今まで使っていたポシェットと同じくらいのサイズ感のものを買いました。

しかし中身を移し替えてみると…仕切りがないのと留め具がチャックじゃなくてボタン式というだけでかなり使い勝手が違いました。

あとやっぱりスマホを取り出さずに操作できる(時間などチェックできる)というのは地味にかなり便利なのだと気づきました。

そして結局、

f:id:okustam:20181203063426j:plain
今この状態です(笑)。

小さい南京錠で無理矢理ヒモと本体を繋げています。

もう本体のビニールが破けるとか、どうにもならなくなるまでこの激安ポシェットを使い倒します(泣)。

でもでも革のポシェットもとってもかわいい❤️ので大事にスーツケースにしまいこんで(笑)日本に帰ったらこちらも使い倒す予定です(笑)。


おわりに

私の持ち歩いてる荷物は明らかに長期間旅をしている人間にしては多すぎです。

おかげさまで、(追加料金が高いため)気軽に飛行機に乗れません…。

ですのでこれから海外旅行や旅をされる方は、荷物の量に関しては参考にせず、どんなバッグが便利で防犯にもなるかなどを参考にしていただければ幸いです(笑)。