ヨーロッパを旅してみたら。

2018年6月〜、ボランティアをしながらヨーロッパを巡っています。

プリトヴィツェ国立公園内のおすすめルートや回り方、注意点について。

※2018年夏の情報・体験談です。時期によって状況は異なる可能性があります。
f:id:okustam:20181005023026j:plain
Buon giorno!こんにちは。

南イタリアでワークアウェイ中のまつこです。

今日のお仕事はホストママの歯医者さんの付き添いだけでした。めっちゃ楽(笑)。

ワークアウェイって何?という方はこちらをどうぞ。

www.yorotabi.com


さて昨日はプリトヴィツェ湖群国立公園までの行き方や周辺情報について説明しましたので

今回は広大な園内での回り方や注意すべき点について、私の体験談を交えながら紹介します。

昨日の記事はこちらです。

www.yorotabi.com

ちなみに私はエントランス1の近くの宿を予約していたので、そちらの入場口から出入りしました。


入ったらまずは地図とルートの確認を!

f:id:okustam:20181005023035j:plain
入口を入るとすぐに、大きな園内マップと数種類のプログラムの簡易マップの看板が立っています。

ここでまずはどのルートを回るのかを決めましょう。

ちなみにエントランス1からスタートするプログラムは4種類。
f:id:okustam:20181005023045j:plain

  • A…下湖の周辺のみを簡単にまわるルート。2〜3時間で約3.5km。

  • B…下湖から船に乗って上湖のふもとまで行き、歩いて下湖まで戻ってくるルート。3〜4時間で約4km。

  • C…下湖から船に乗って上湖まで行き、上湖をぐるっと一周してから下湖に戻るルート。4〜6時間で約8km。

  • K…下湖から船に乗らずに上湖まで行き、山道を通りながら上湖を一周し、行きと反対側の道を通って下湖まで戻るルート。6〜8時間で18.3km。

私は泊まりがけで来ていて時間もたっぷりあるし、長時間歩くのにも慣れているのでプログラムKに決めました。


歩きはじめたら案内板に従って歩きましょう

f:id:okustam:20181005023040j:plain
写真のような看板が各所に立っており、それをきちんと辿っていけば基本的に道に迷うことはないと思います。

私は速攻で案内板を無視して30分以上道に迷いました。


まあ道があるということはいつかルートに戻るだろう、と思って歩いていたのですが、観光ルートではなくハイキングコースを歩いていたようです。

そして気づいたら公園の外にいましたw

私は地図を持っておらず、きちんとした園内マップも写真におさめておらず、googleマップは役に立たず…カンで進み続けてどうにか観光ルートに戻ってきました。


これ、山だったら遭難するやつですね(笑)。おかしいと思った時点で来た道を戻るのが正解です。

その後はきちんとマップの写真を撮り、ルートに沿って絶景を見ながら歩くことができました。

ちなみに園内マップは入り口脇のインフォメーションで売っています。 f:id:okustam:20181005024521j:plain


おすすめルート① 泊まりがけの場合

時間があるならKルートがおすすめ

プログラムK単独の道以外は、基本的に湖沿いまたは湖上の遊歩道を歩きます。

f:id:okustam:20181005024516j:plain 私は9月上旬に行ったのですが、写真を見てわかるようにほとんどずーっと渋滞していました。

それと比較してKのルートは人が少なく、静かにのんびりと風景や自然を楽しめますのでおすすめです。

記事の最初にある写真のような高い所からの景色が眺められるのもこのルートならではです。

ただし、

  • 時間に余裕がある
  • 体力に自信がある
  • 適切な装備(最低限、滑らない靴&両手が空く荷物)

上記の全てを満たす場合に限ります。

特にほかのプログラムでは通らない部分は距離が長いだけでなく、足場が悪いところがあったり、ルート12に関してはほぼ山登りです。

さすがに18km歩くのは無理!という場合は片道は船やバスに乗ってしまうという手もあります。


逆におススメできないのはこんな人

f:id:okustam:20181005023031j:plain
上記で述べたような環境に加え、私が行った時(2018年9月)には修理中だったのか、平均台ゾーン!!がありました。

写真はマシな方です。酷いところは泥まみれの滑りやすい一本丸太を渡るよう指示された箇所もありました…。

ですので、

  • ヒールのある靴を履いて来てしまった方
  • 足の悪い方
  • 平衡感覚に難のある方

にはお勧めできません。 途中で抜け道などもありませんので、このルートを進まれる場合は気をつけてください。


おすすめルート② 日帰りの場合

上湖と下湖両方見れるCルート

Cルートは、陸の部分をルート通りに全部歩くと4〜6時間と結構厳しい?と思うかもしれませんが、

f:id:okustam:20181005024512j:plain 上湖と下湖のあいだは往復とも船を使ってしまうとか、片道はバスでショートカットしてしまえば無理なく回れると思います。


道に迷うのが心配なら

日帰りツアーを予約してしまうのもひとつの手だと思います。

ツアーにしてしまえば、帰りのバスがいつ来るかわからない、今日中に帰れるかな?といった不安からも解放されます(笑)。

現地でもツアーの予約はできますが、日本語で予約のできるこちらのサイトがおすすめです。

プリトヴィツェ湖群国立公園 (クロアチアの世界遺産) のおすすめランキング | クロアチア旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA


おわりに

個人的には、クロアチアに行くならこのプリトヴィツェは絶対に外せないスポットだと思います。
どのルートを通るにせよ、観光客が多いことを差し置いても、本当におすすめです。

また、ザグレブからならスロベニアに行くこともできます。

自然が好きな方にはスロベニアの湖もおすすめです。

www.yorotabi.com