ヨーロッパを旅してみたら。

2018年6月〜、ボランティアをしながらヨーロッパを巡っています。

ロンドンパスで観光スポットをお得に回ってみた。ルートと体験談について。

London pass
明けましておめでとうございます。

年末年始を日本の友人とロンドンで過ごし、年明けはデンマークの友人宅でお世話になっていました。

友人の家ではこのブログを書いているiPadは一切開かず、みんなでパズルをしたりNetflixを見たりとヒュゲリな日々を過ごさせてもらいました。

www.yorotabi.com


さて、友人の家を出て1人になったのでロンドンを振り返っていきたいと思います。


ロンドン市内を個人で観光するならぜひとも買っておきたいのがロンドンパス(London Pass)。

私は6日間ロンドンに滞在したうちの3日間このパスを利用して観光しました。

今回はそのロンドンパスについてご紹介します。


ロンドンパス(London Pass)とは?

ロンドンの80ヶ所以上の観光名所やツアーが無料、もしくは割引になるカードです。

1、2、3、6、10日の券があり、24時間制ではなく日にち制、また使い始めたらその日からの連続利用となります。


ロンドンパスの種類と料金

ロンドンパスの正規料金は以下の通りです。

日数 料金 1日あたり
1日券 69ポンド
2日券 94ポンド 47ポンド
3日券 114ポンド 38ポンド
6日券 154ポンド 約25.7ポンド
10日券 184ポンド 18.4ポンド

ロンドンは国立の美術館、博物館などは無料ですが、それ以外の観光スポットの入場料金がかなり高いです。

そのため3〜4ヶ所回れば1日券でも十分元が取れますし、何日か滞在する場合はかなりお得になります。


ロンドンパスの購入の方法

ロンドンパスはネットで予約、もしくは現地での購入も可能です。

ネット予約だと現地購入より安く買える場合が多いのでおすすめです。

公式サイトから

ロンドンパス - ロンドンへの観光パス

上記サイトが公式サイトで、結構頻繁にセールをしています。

翻訳がちょっと変ですが、日本語でも購入が可能です。

現地受け取り、配送(有料)、モバイルチケットが選べます。

ベルトラから

ロンドンパス(THE LONDON PASS®)人気観光スポット割引&優先入場カード | イギリス(ロンドン)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

オプショナルツアーのサイトからも予約ができます。

こちらもセールを行なっていることがあり、10日券以外は公式サイトのセール価格より安いです。

ただしこちらは受け取り方法が現地受け取りのみで、受取日も購入時に指定しなければいけません。

kkdayから

ロンドン・パス(THE LONDON PASS)1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 10日券 - KKday

公式サイトよりベルトラの方が安いと書きましたが、さらに安いのがこちらのサイト。

しかもセール価格ではなく、普通に安いです。

ただこのオプショナルツアーの会社は台湾の会社のようで、基準通貨が台湾ドルになります。

そのため、現時点(2019年1月)では安いですが、レートによって変わる可能性はあります。

また、このkkdayからの購入の場合はモバイルチケットでの発行になります。

現地購入

現地では、地下鉄の駅などにあるピンク色をしたインフォメーションセンターに行けば購入できるようです。

主要な駅ではだいたい見かけました。


私の巡ったルートと体験談

1日目

  • 交通博物館
  • ハリーポッターウォーキングツアー

2日目

  • クイーンズギャラリー
  • ウェリントンアーチ
  • ケンジントン宮殿
  • ザ・シャード

3日目

  • ウェストミンスター寺院
  • セント・ポール大聖堂
  • ロンドン塔
  • タワーブリッジ

以上がロンドンパスで無料で入場した施設です。

ちなみに2日目から友人が合流、そして日曜日(教会やってない)、3日目が大みそか(営業時間の変更が多々あり)というのも考慮した結果このようなルートになりました。

また年末年始でどこも観光客が多く、待ち時間が長くて思い通りに行けなかったところも多々ありました…。

閑散期や夏の営業時間が長いときならもうちょっと回れるような気がします!


1日目

朝イチでロンドンパスの使えるBeefeaterのジン蒸留所ツアー(通常15£)に行こうかと思ったのですが、眠すぎて断念…。

ハリーポッターのツアーは時間指定で予約済みだったため、その前に行ける場所はないかと探した結果、お昼前に交通博物館に向かうことにしました。


ロンドン交通博物館 (London Transport Museum)

ロンドン交通博物館
当日券は17.5£、ネット予約で16£です。

入口のドアがいきなり東京の路線図!から始まり、鉄道だけでなく船やバス(馬車)などについても展示されています。

実寸大の模型があったり遊び場があったりと子供連れはもちろん、

世界初の鉄道や地下鉄が運行するまでの歴史が知れたり、100年以上も前の広告ポスターの展示があったりと大人も楽しめる展示がたくさんあります。

この博物館はロンドンパスを持っていると並ばずに入れたため、到着してから1時間ほどの所要時間で見終わりました。


ハリーポッターウォーキングツアー (Harry Potter Walking Tour of London)

ハリポタロケ地
Brit Movie Toursというツアーの1つで、通常料金は12£です。

予約が必要とのことですが、ロンドンパス利用だとネットからの直接予約ができないので、メールで予約をしました。

ハリーポッター以外にもジェームズボンドやパディントンのツアーなどもあります。

ハリポタはやはり人気があるのか夏場は毎日(冬も金土日)やっていますが、ツアーによって開催の曜日や時間が異なります。

ロンドンパスの英語のページに各ツアーへのリンクがありますので参考にしてください。

Brit Movie Tours - Access with The London Pass

ハリーポッターツアーの内容についてはこちらの記事をどうぞ。

www.yorotabi.com


2日目

早朝に日本から来た友人と宿の前で待ち合わせ。

朝ごはんを食べてからバッキンガム宮殿の衛兵交代式に向かい、交代式を見たあとにクイーンズギャラリーに向かいました。


クイーンズギャラリー
展示内容によって料金が異なるようですが、私が行った時(〜2019年4月)はロシアがテーマで12£でした。

5月からは展示が変わり(レオナルドダヴィンチ)13.5£になるようです。

私たちは衛兵交代式が終わる前に抜け出してクイーンズギャラリーに向かったので、チケット引き換えにはほとんど並びませんでした。

クイーンズギャラリーの展示自体はこじんまりしていてそれほど多くないのですが、衛兵交代式が行われているバッキンガム宮殿前から抜け出すのがもんのすごーく大変で、時間もかなりかかりました。

衛兵交代式が始まったのが11時で、私たちがクイーンズギャラリーを出たのは12時半ごろだったと思います。

衛兵交代式を見終わってからついでにクイーンズギャラリーに行こうと思っている場合はもっと多めに時間は見積もっておいたほうがよさそうです。

また冬場はやっていないので行けませんでしたが、ロイヤルミューズもロンドンパスで入場可能です。

近くには他にもロンドンパスが使える近衛兵隊博物館やチャーチル戦争博物館などもあり、この辺りだけで1日観光することも十分可能そうでした。


ウェリントンアーチ (Wellington Arch)

ウェリントンアーチ
通常の入場料は4.7£、バッキンガム宮殿からケンジントン宮殿へ向かう通り道だったので入ってみました。

アーチの中は2階から4階が展示室になっていて、それほど高さがあるわけではありませんが、屋上にも登ることができます。

ウェリントンアーチからの眺め
バッキンガム宮殿方向にはうっすらとロンドンアイやビッグベンが見えて、緑が生い茂る季節ならもうちょっといい画が撮れそうです。


ケンジントン宮殿 (Kensington Palace)

ケンジントン宮殿
ケンジントン宮殿は通常の入場料が19.5£、ウェリントンアーチからハイドパークを挟んだ反対端にあります。

ウィンターワンダーランド
ハイドパークでは「Winter Wonderland」という移動型遊園地のようなものがオープンしているとのことで、ハイドパーク内を通り抜けてケンジントン宮殿に行くことにしました。

しかしこのハイドパーク、むっっちゃくちゃ広いです。

屋台で買ったごはんを食べ歩きしつつウィンターワンダーランドを一周して、

ウィンターワンダーランドの出口からケンジントン宮殿まで行くのに30分以上歩きました…。

ウェリントンアーチ側の出口に戻ってバスや地下鉄を使った方が絶対楽だし早かったと思います。

というわけで午後3時頃、やっとのことでケンジントン宮殿に到着しました。

ケンジントン宮殿内はジョージ2世の部屋、メアリー2世の部屋、ヴィクトリア女王の部屋、ダイアナ妃のファッションの展示(2019年2月まで)と4つのエリアに分かれています。

私たちはチケットオフィスで「あと1時間半で閉館だからね」と念を押されたので急ぎ目で回ったところ、1時間ほどで全て見終わりました。

カフェやお土産屋さんをのぞいて1時間半あれば十分ゆっくりまわれるかと思います。


ザ・シャード (The View from the Shard)

ザシャード
ザ・シャードは展望台への入場料が32£、ロンドンパスで無料になる施設の中で一番(高さ的にも、料金的にも) 高い場所です。

ロンドンパスを持っているならぜひとも行っておきたい場所ですが、どこよりも並びます。

私たちはケンジントン宮殿を見終わったあと、時間的にほかにロンドンパスを利用して入れそうな場所がなかったのでザ・シャードに向かうことにしました。

並び始めて1時間ほどで建物の中へ。そこからチケット購入の列に並び、時間指定されたエレベーターの券をもらいました。

ちなみにここはロンドンパスを持っているいないに関わらず、現地で10£払えば行列をスキップできるという制度もありました(笑)。

シャードからの眺め
エレベーターに乗ったあとは特に制限時間等はなく、ゆっくり夜景を堪能できました。


3日目

ウェストミンスター寺院 (Westminster Abbey)

ウェストミンスター寺院
入場料は22£、こちらも優先入場はなくかなり並ぶとのことだったので朝一で向かうことにしました。

しかし朝ちょっとしたアクシデントがあり、実際に到着したのはオープン30分後の10時ごろ…。

ウェストミンスターの列
私たちが到着したときにはすでに長蛇の列で、1時間以上並びました。

ロンドンパスではない予約チケットを持っていれば途中でショートカットできたようですが、前に並んでいた日本人はチケットを持っていたのに並んでいました(汗)。

寺院内でオーディオガイドが配られ(日本語あり)、それを聞きながら回ります。

この時点で予定よりかなり押していたので、私たちは30分の短めコースを聞きながら見学しました。


セント・ポール大聖堂 (St. Paul’s Cathedral)

セントポール大聖堂
セント・ポール大聖堂は入場料が20£で、ロンドンパスでの優先入場が可能です。

こちらも教会に入るとオーディオガイド(日本語あり)を渡されます。

ここもあまり時間がないのでじっくりコースではないガイドを選択、ドームは一番上までは行きませんでした。

それでも地下も見てお土産屋さんも見てで1時間半くらいの滞在時間でした。


ロンドン塔 (Tower of London)

ロンドン塔
ロンドン塔は入場料26.8£で、30分に1回、衛兵のツアーが行われているようです。

しかしセント・ポール大聖堂を見学したあと、その辺のカフェでサクッとランチを食べて移動してきたにもかかわらず、私たちが到着したのはクローズ1時間前の15時半!

もうこの日の最終ツアーは終わっており、ホワイトタワーを超足早に見学し、

クラウンジュエル
クラウン・ジュエルの列に並んで見学し終わったときには閉館の16:30ギリギリでした。


タワーブリッジ (Tower Bridge)

タワーブリッジ
タワーブリッジは通常料金が9.8£、タワーブリッジのチケットで橋の麓にあるエンジンルームにも入れます。

ロンドン塔は16:30まででしたが、目の前にあるタワーブリッジは17:00までやっている!!

とのことでダッシュでタワーブリッジへ移動、滑り込みでこちらも見学できました。

エレベーターで上の橋に登り、透明な床から下の橋を見下ろせます。

タワーブリッジからの眺め
エンジンルームの方は17:30まで開いていました。


おわりに

年末ということもあって、思った以上にどこも待ち時間が長くドタバタなスケジュールになってしまいました。

しかしそれでも

1日目が29.5£
2日目が68.2£
3日目が78.6£

と合計で176.3ポンドかかったところを114ポンド(実際にはもっと安かった)とかなりお得に回ることができました。

また、ロンドンには6日間滞在したので、パスを使わなかった日は無料の博物館に行ったり

www.yorotabi.com

花火やパレードも観に行きました。

www.yorotabi.com

よろしければこちらも読んでみてください。