ヨーロッパを旅してみたら。

2018年6月〜、ボランティアをしながらヨーロッパを巡っています。

ドゥブロヴニクから日帰り!ボスニアヘルツェゴビナツアーに参加してみた。

※2018年9月に参加したツアーの情報です。訪問先や料金については変更になっている場合があります。 ドゥブロヴニク→モスタル
Mirë dita!こんにちは。

ついに、約1週間滞在したモンテネグロを出て、アルバニアにやってきましたよ〜!!

ほぼ丸1日バスに乗っていました…。
着いたばかりなのでアルバニアについてはまた後日。


コトルに行く前、ドゥブロヴニクでの滞在中、ツアーを利用して日帰りでボスニアヘルツェゴビナへ行ってきたときの体験談です。

そんなに高くなく、かつ1日で何ヶ所も観光地を回れるということで、自力ではなくツアーを選びました。
一応公共交通機関で行く方法も調べたので、そちらも合わせて紹介します。


私が参加したドゥブロヴニクからの日帰りツアー

ベルトラというサイトから予約できる、

ボスニア・ヘルツェゴビナ 世界遺産モスタル+メジュゴリエ+ポチテリ 1日観光ツアー<英語/ドブロブニク発> | クロアチア(ドブロヴニク)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

というツアーです。

あとで一応ご紹介しますが、日帰りで長距離バスに乗ってボスニアヘルツェゴビナ観光をするのはほぼ不可能なので、ツアーを予約した方がコスパがいいと思います。

ちなみにツアーで訪れる分にはボスニアヘルツェゴビナの通貨、マルクに両替する必要はありませんでした。

観光地のお土産屋さんやレストランでは普通にユーロが使えます。

ただクロアチアクーナは使えないところも多いので、ユーロは持っていった方が良いです。


ボスニアヘルツェゴビナツアーの体験談

クロアチアに挟まれた街、ネウム

ネウム 最初の立ち寄り地は、ボスニアヘルツェゴビナで唯一海に面した町、ネウムです。

両側をクロアチアに挟まれた約20kmの区間だけがボスニアヘルツェゴビナなのですが、ここを通らないとクロアチアの他の地域からドゥブロヴニクには辿り着けません。

ただ入出国審査はほぼノーチェックです。スタンプも押されていません。
ちなみに住人もほとんどがクロアチア人とのこと。

私はザグレブから夜行バスでドゥブロヴニクに来たので、実はその時にも通っていて…。

え〜景色きれい〜!途中下車して写真撮りたい〜!!

と思った場所。たった20分の休憩立ち寄りでしたが、ツアーで来れてラッキーでした。


キリスト教の聖地?メジュゴーリエ

メジュゴーリエ ネウムを出て、もう1回クロアチアに入国して、もう1回ボスニアヘルツェゴビナに入国して、やっと着いたのがメジュゴーリエという町です。

この町は1981年に6人の若者の前に聖母マリアが出現した、と言われている地です。

公式には認可されていないらしいですが、巡礼に訪れている人がたくさんいました。

正直なところ、祈っている人の多さといい、ガチ度(←失礼)といい、驚きました…。
こんな世界もあるんですね…。


滞在時間

ここの滞在時間は45分ほどありました。 キリストの像 教会を見て、教会の奥にあるキリスト像まで行って帰ってきて、トイレにいって、少し時間が余ったぐらい。

メジュゴーリエのトイレ トイレは教会の手前の道を右に行くとあり、無料(募金制)でした。


ツアーのハイライト!世界遺産の街モスタル

モスタル ハイライト!というかボスニアヘルツェゴビナに観光に来てここを訪れない人って居るんでしょうか?(笑)

モスタルは、世界遺産に登録された橋がある町です。

このスターリ・モストという橋はもともと16世紀に建てられ、ムスリムとカトリックが共存する街の象徴だったのですが、1993年に内戦で破壊されてしまったそうです。

ツアーでは、橋が壊される瞬間も含めた内戦時の映像を見せてもらい、現地のガイドさんから当時の話なども聞くことができ、勉強になりました。

スターリモスト 現在ではこの橋からの飛び込みも名物になっており、お金を払えば観光客でも飛び込めるそうです。
頻繁に骨折などのけが人が出るくらい危険らしいですが…。


滞在時間

この町の滞在時間はガイドツアー1時間+自由時間2時間で、自由行動中に昼食も食べました。

アイスが1個0.5ユーロ!ご飯も料理と飲み物で6ユーロくらい!
物価がめちゃくちゃ安くて感動しました。

デ◯マークで買ったら軽く5〜6倍はするんじゃなかろうか……。

反面、物価が安い=賃金も安い せいで国外への人口流出が問題になっている、というお話もガイドさんから聞きました。

モスタルのトイレ トイレはこちらはどこも有料でした。0.5ユーロ(1マルク)くらい。
食事をするなら、トイレもレストランなどで済ませておくといいかもしれません。


住人は3世帯だけ!ポチテリ

ポチテリ 最後の訪問地はモスタルの近くのポチテリという町。

この町も内戦の時に大規模に破壊された町で、その時に住民のほとんどが町を去り、現在も住んでいるのはたった3世帯だとか。

見所は町の中心にあるモスクと両側にそびえ立つ塔。 ポチテリの塔 左側の塔はウィッシュタワーと呼ばれ、上まで行って願い事をすると願いが叶うと言われているそうです。


滞在時間

ちなみにここの滞在時間は30分だったのですが、モスクを見て、ウィッシュタワーにも登ったらもう30分過ぎてた!!

(年配の方が多かったのもあり)同じツアーで他に塔の上まで登った方はいなかったようです…。


ドゥブロヴニクから路線バスで行くには??

ドゥブロヴニク旧市街から1aか1bのバスに乗って10分ほどのところにある、メインバスターミナルからバスが出ています。

[f:id:okustam:20180916052319j:plain:ドゥブロヴニクのバス時刻表] しかし時刻表を見てわかるように、モスタル行きは朝8時を逃すともう夕方までバスはないようです。

メジュゴーリエに至っては夕方に1日1本しかありません。

利便性を考えると、日帰りの場合はツアー一択かな、と思います。


おわりに

ドゥブロヴニクからなら日帰りでモンテネグロに行くのもおすすめです。

私はボスニアヘルツェゴビナはツアーで日帰りでしたが、モンテネグロはコトルという町に1週間ほど滞在しました。

www.yorotabi.com

www.yorotabi.com

こちらも参考にしてみてください。